釧路新聞Title 過去記事お悔やみ読者投稿写真投稿
購読案内会社案内フォトサービスリンク集
黒線
2019年06月12日10時12分 更新
サイト内 ウェブ  
釧路新聞 ON THE WEB SITE Top Page


2019年06月12日

空港利用 名古屋・大阪でPR


 官民でつくる釧路空港利用整備促進期成会(会長・蝦名大也市長)は、8月に季節運航する日本航空(JAL)の中部―釧路線と、全日本空輸(ANA)の伊丹―釧路線の利用促進をアピールしようと、名古屋・中部国際空港と大阪・伊丹空港でキャンペーンを実施している。パネル展示や動画の放映のほか、涼しさもアピールして空港利用者に来訪を呼び掛けている。中部空港では、国内線と国際線の利用者が往来する3階フロアに、アイヌ古式舞踊と現代舞踊にデジタルアートが融合した阿寒湖アイヌシアターイコロの新プログラム「阿寒ユーカラ・ロストカムイ」のPRパネルを設置。伊丹空港には、羽田や福岡などと結ぶ大型機が発着する13番搭乗口前に、7~9月の最高平均気温が21・2度という釧路の涼しさをアピールしたパネルを展示した。


トップページへ

  0 このページのトップへ