釧路新聞Title 過去記事お悔やみ読者投稿写真投稿
購読案内会社案内フォトサービスリンク集
黒線
2019年07月12日09時56分 更新
サイト内 ウェブ  
釧路新聞 ON THE WEB SITE Top Page


2019年07月12日

厚岸漁港荷捌所が着工 来夏供用開始


厚岸漁港衛生管理型荷捌所整備事業の安全祈願祭が11日、若竹1の建設予定地で行われ、厚岸漁協の川崎一好組合長ら関係者約60人が工事の無事故を祈願した。現施設(港町5)が1962年建設と老朽化していることから移転整備するもので、国の水産業強化支援事業と町の補助を受けて厚岸漁協が建設する。総工費は7億2300万円。新施設は、国が整備を進めている衛生管理型漁港施設の一部を活用。カキ用水槽(12㌧)6基と活魚用水槽2基(7・5㌧、約2㌧)のほか、むきガキやアサリなど貝類の温度管理に優れた低温庫を備える。


トップページへ

  0 このページのトップへ