釧路新聞Title 過去記事お悔やみ読者投稿写真投稿
購読案内会社案内フォトサービスリンク集
黒線
2019年11月09日09時19分 更新
サイト内 ウェブ  
釧路新聞 ON THE WEB SITE Top Page


2019年11月09日

「こんぶぶたまん」のパッケージ 昆布森小中生デザイン


 昆布森漁業協同組合青年部(能登崇部長)と釧路町振興公社(河野俊一)は、共同開発した「こんぶぶたまん」の商品化に合わせ、地元の小中学生にパッケージデザインを考えてもらう取り組みを進めている。8日、同公社の前義幸専務が釧路町立昆布森小学校と同中学校で出前授業を開き、子供たちからアイデアを募った。 こんぶぶたまんは、同漁協女性部が開発した地元産ナガコンブを細かく刻んだ「すりむ昆布」を具材に使用した塩気のある豚まん。先月27日に行われた「昆布森みなとまつり」で初披露し800個を完売、好評だったことから商品化を決めた。「地元で考えた商品」として子供たちの参画を図り、児童生徒のイラストをパッケージに採用することにした。


トップページへ

  0 このページのトップへ